1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称きゅうやまぐちはんちょうもん
旧山口藩庁門
指定県指定
市町山口市区分有形文化財時代江戸時代
一般向け
説明
 山口市滝町山口県庁の敷地に所在する。一間一戸脇門付薬医門で、切妻造り、本瓦葺である。桁行10.28m、梁間2.86m、棟高6.84mである。本柱、控柱とも面取角柱、板扉で両内開き、材は欅と松で木割は太く豪快で、いかにも城門らしい風格を見せている。
 長州藩主毛利敬親は、幕末の有事に備え藩庁を萩から山口に移す決意をし、1863年(文久3)に現山口県庁の地に政事堂建設を着工している。この門は、1864年(元治元年)竣工した政事堂の門として建造され、1871年(明治4)までは山口藩庁門として使用され、それ以後も山口県庁門として引き続き使用された。大正初年新しく県庁舎が竣工し、正門も東寄りに築造されたが、この門はそのまま西口の役割を果たしながら使用された。現在もなお使われている。
小学生向け
説明
 山口市にある山口県庁の敷地内にあります。長州藩主毛利敬親(もうりたかちか)は、江戸時代の終わりごろ、萩から山口に藩庁を移すことにともない、1863年に、現在の山口県庁の地に、政事堂を建設しました。この門は、そのときに建設されたとおもわれます。
 1871年(明治4)までは山口藩庁門として使用され、それ以後は山口県庁門として使用されました。
画像<旧山口藩庁門>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
旧山口藩庁門(QRコード)
映像

ページトップへ