1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称もくぞうしゃかにょらいざぞう
木造釈迦如来坐像
指定県指定
市町山陽小野田市区分有形文化財時代平安時代
一般向け
説明
 山陽小野田市岩崎寺の観音堂に安置される。クス材の一木造り、像高は78.4cm。像底から首の下方まで、大きく内ぐりがなされ、ふた板がつけられている。右手はまげて手の平を前にして五指を開く。左手は手の平を上にしてひざ上におく。この手の相を、右手は施無畏印(せむいいん)、左手は与願印(よがんいん)という。色彩はほとんどはげ落ちている。彫りの浅い衣紋線には古式な地方色がうかがえる。制作時期は、円い面相、ゆたかな胸部などから平安時代後期、12世紀頃と思われる。
小学生向け
説明
 山陽小野田市にある岩崎寺の観音堂に安置してあります。
 クス材の一木造り、像の高さは78cmです。
 この手の相を、右手を施無畏印、左手を与願印といいます。
 色彩はほとんどはげ落ち、素木の状態です。
 つくられたのは平安時代後期、1100年代とおもわれます。
画像<木造釈迦如来坐像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ