1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財年表>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称もくぞうふどうみょうおうりゅうぞう
木造不動明王立像
指定県指定
市町山陽小野田市区分有形文化財時代平安時代
一般向け
説明
 山陽小野田市岩崎寺の大師堂に安置される。ヒノキ材の寄木造り、像高は163.8cm。頭は巻髪で、弁髪(べんぱつ)を左側にたらす。眼は左眼半眼の天地眼(てんちがん)。口を閉じ牙を口の両側端に出している。右手はまげて剣をとり、左手は下げて羂索(けんさく)を持つ。左足をすこし前に出して岩座に立つ。制作の時期は堂々とした体躯や、衣紋の線、裳の裾の扱いなどの様式から、平安時代末期、12世紀頃と推定できる。県指定の不動明王のなかでは最大級のものである。
小学生向け
説明
 山陽小野田市岩崎寺大師堂に安置されています。
 ヒノキ材の寄木造り、像高は163.8cm。
 平安時代末期12世紀頃と推定できます。
 県指定の不動明王のなかでは最大級のものです。
画像<木造不動明王立像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ