1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称きんぞうぼさつぎょうざぞう
金造菩薩形坐像
指定県指定
市町周南市区分有形文化財時代平安時代
一般向け
説明
 周南市楞厳寺に蔵される。像高は4.29cm。頭部前面に三角形の宝冠をいただく。体部は左肩から右肩に条帛(じょうはく)をかけ、背面にも条帛が表現される。右ひじは前にして手先はひざ頭におく。左手はひじをまげて手の平を上にむける。右足のみが前面に見え、左足の表現はない。重量35gで、金の純度は90.18%である。天然の砂金を原料として中型を用いて鋳造した中空の像である。湯廻りが悪く胸部・後頭部・背中に小孔が見られる。本像は石碑により、嘉永6年(1853)、日尾山(現観音岳、標高410m)の山頂で発見され、後に楞厳寺へ納められたことがわかる。制作は11~12世紀と推定される。
小学生向け
説明
 周南市楞厳寺(りょうごんじ)にあります。
 純金製で、像の高さは4cmです。重量35gで、金の純度は90.18%です。天然の砂金を原料につくられた、中空の像です。
 この仏像は、記録によると、1853年3月13日、日尾山(現観音岳、標高410m)の山頂で発見され、後に楞厳寺へ納められたとあります。
 つくられたのは11~12世紀とおもわれます。
画像<金造菩薩形坐像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
金造菩薩形坐像(QRコード)
映像

ページトップへ