1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称せんこうぼさつぎょうざぞうかけぼとけ
線刻菩薩形坐像懸仏
指定県指定
市町下関市区分有形文化財時代鎌倉時代
一般向け
説明
 直径18.3㎝の円形の薄い銅板に、火焔をめぐらす二重円光を負い、蓮台に座った菩薩像が細い線で彫られている懸仏。円板の周囲を幅0.3㎝の輪で覆い、上部2カ所に花鐶座を鋲(びょう)で留めて鐶によって吊り下げるようになっている。鐶座のつくりや花形・覆輪は素朴で、時代的特徴をよく表している。裏面の銘文から、1202年(建仁2)に作られたものであることがわかり、山口県内に知られている懸仏としては、最も古いものである。また、豊田氏8代当主・豊田種隆の存在を実証する唯一の史料でもある。
 豊田氏は、藤原道長の兄道隆の子孫といい、道隆4代の孫輔長になって豊田氏を称したという言い伝えがある。
小学生向け
説明
 直径18㎝の丸い形をした薄い銅の板に、火炎を取り囲む二重の光の輪を背負って蓮台に座った菩薩像が、細い線で刻まれている懸仏です。
 円板の周囲を幅 0.3㎝の輪で覆って、上部の2カ所で吊り下げるようになっています。
 鎌倉時代の1202年に作られたもので、山口県内に知られている懸仏としては最も古いものです。
 また、豊田氏八代目当主・豊田種隆がいたことを証明する貴重な資料です。
画像<線刻菩薩形坐像懸仏>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ