1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財年表>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称しらとりこふんしゅつどひん
白鳥古墳出土品
指定県指定
市町平生町区分有形文化財時代古墳時代
一般向け
説明
 白鳥古墳は、熊毛郡平生町熊毛半島の中央部にある全長120mの前方後円墳で、山口県最大規模のものである。古墳時代中期(5世紀)、瀬戸内海航路の東の重要な拠点に置かれた周芳国(7世紀末に周芳から周防に改称)の支配者の墓と考えられている。
 出土品には、日本製青銅鏡である四神四獣鏡1面と二神二獣鏡1面があり、ともに畿内から配布された鏡と考えられている。そのほか、武器・武具(鉄刀3、巴形銅器5)、農工 具(鉄斧5、鉄すき先1)、装身具(碧玉製管玉11)、埴輪(家形埴輪4、筒形埴輪4)がある。
小学生向け
説明
 この古墳は、熊毛郡平生町熊毛半島にあります。
 全長120mの前方後円墳で山口県で最も大規模のものです。
 山口県の東部をおさめていた豪族の墓と考えられます。
 築かれたのは今から1500年前の古墳時代の中ごろと考えられています。
 出土品には次のようなものがあります。

 日本製青銅鏡:四神四獣鏡1、二神二獣鏡1は大和朝廷からくばられたものです。
 武器・武具 :鉄刀3、革のたての飾り金具5
 農   具 :鉄おの5、鉄すき先1
 かざりもの :くだの玉11
 は に わ :家形4、筒形4
画像<白鳥古墳出土品>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ