1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称みやがくぼいせきしゅつどもくせいひん
宮ケ久保遺跡出土木製品
指定県指定
市町山口市区分有形文化財時代弥生時代
一般向け
説明
 阿東町の宮ヶ久保遺跡は、徳佐盆地の沖田川沿いでみつかった弥生時代中期中頃~後期(紀元前1~3世紀)の集落遺跡である。この集落を囲む二重の大溝から多量の木製品が出土した。
 出土した木製品には、農耕具(すき、くわ、掘り棒、きぬた、うす)、工具(おの、ちょうな、杭を打ち込むかけや)、生活用品(紡錘車、機織り具、はしご、樹皮の袋、弓)、食器(わん、はち、しゃくし、さじ、おけ、高坏)、武器型(剣、戈、戟、やじり)、祭器(かえる、いのしし、鳥)があり、そのほか、土器類(つぼ、かめ、はち、高坏)、鉄製品(鉄おの、やりがんな、小刀)、石器類(おの、ほうちょう、かま、やじり、と石、紡錘車、石剣)がある。
 木製品の種類と量の豊かさは、弥生文化における木器比重の高さを示している。全国的にもまれな弥生中期の特徴を示す資料で、当時の社会生活全体を調べる貴重な基礎資料である。
小学生向け
説明
 この遺跡は、阿武郡徳佐の水田の下から見つかりました。
 時代は今から2000年~1800年前の弥生時代のものです。
 この住居をかこむ二重の大溝から多量の木製品が見つかりました。
 出土品には次のようなものがあります。

 木製品:農 業 :すき、くわ、掘りぼう、きぬた、うす
     工 具 :おの、ちょうな、くいを打ちこむかけや
     生 活 :糸つむぎ、はた織り、はしご、樹皮の袋、弓
     食 器 :わん、はち、しゃくし、さじ、おけ、
     武器型 :剣、やり、やじり
       ノ リ   :かえる、いのしし、鳥
 土器類:つぼ、かめ、はち、
 鉄製品:鉄おの、やりがんな、小刀
 石器類:おの、ほうちょう、かま、やじり、と石、糸つむぎ、石剣

 農業・生活・狩り・祭などの木の道具が、こんなにそろっているのは全国でも、めずらしいそうです。
画像<宮ケ久保遺跡出土木製品>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
宮ケ久保遺跡出土木製品(QRコード)
映像

ページトップへ