1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財年表>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称おきのやましゅつどのちゅうごくこせんおよびまいのうかめ
沖ノ山出土の中国古銭及び埋納甕
指定県指定
市町宇部市区分有形文化財時代弥生時代
一般向け
説明
 江戸時代の1740年(元文5)、宇部沖ノ山の海岸で発見された銅錢のつまったかめである。このかめは弥生時代中期末(紀元前1~1世紀)のもので、なかに納められていた銅錢は中国の新(西暦8~23年にあった国)時代につくられた半両錢17枚と五銖錢78枚である。このように新の銅錢のみが95枚も出土したことは国内では例をみない。西暦1世紀前半から中期にかけて、朝鮮半島から北九州をへてもたらされたと考えられている。
 発見されたかめは、宇部地域を治める毛利家家老の福原家に献上され、同家に伝来するところとなった。現在は宇部市立図書館に保管されている。
小学生向け
説明
 今から260年前の江戸時代の中ごろ、宇部・沖ノ山の海岸で、中国の古い銅錢のつまった「かめ」が発見されました。かめは、今から2000年前の弥生時代中ごろのもので、中に納められていた銅錢は、2000年前の中国・新の時代につくられたものです。新の銅銭が95枚もまとまって出土することは珍しい事例です。
 中国~朝鮮~北九州~宇部と銅錢(文化)の流れを示す貴重な資料です。
画像<沖ノ山出土の中国古銭及び埋納甕>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ