1. ホーム>
  2.  指定文化財の検索>
  3.  検索結果一覧>
  4.  文化財の概要>
  5.  文化財要録

文化財要録コンテンツ

名称関連文化財名称白鳥古墳 付陪塚及び周濠
要録名称白鳥古墳 付陪塚及び周濠
指定関連指定区分・種類史跡
指定年月日昭和46年1月12日(山口県教育委員会告示第2号)
所在地関連所在地熊毛郡平生町大字佐賀字森の下上2249番地、629番地、2278番地の1、2278番地の4、2279番地の1、2280番地の1、2280番地の4
所有者関連所有者

参考情報関連
参考情報

 昭和54年度の発掘調査により、周濠(上端幅20.8m、下端幅15m、深さは最深部で2.1m)、葺石、円筒埴輪列が確認された。

 出土品は白鳥神社に保管。




画像
<白鳥古墳 付陪塚及び周濠>関連画像001(オリジナル画像表示リンク)<白鳥古墳 付陪塚及び周濠>関連画像002(オリジナル画像表示リンク)<白鳥古墳 付陪塚及び周濠>関連画像003(オリジナル画像表示リンク)<白鳥古墳 付陪塚及び周濠>関連画像004(オリジナル画像表示リンク)
<白鳥古墳 付陪塚及び周濠>関連画像005(オリジナル画像表示リンク)<白鳥古墳 付陪塚及び周濠>関連画像006(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ