1. ホーム>
  2.  民謡ライブラリー(分類から選ぶ)>
  3.  検索結果一覧>
  4.  民謡概要

民謡概要コンテンツ

民謡名称みつびょうし(ぼんおどりうた)
三ッ拍子(盆踊歌)
収録時間

市町村宇部市旧市町村宇部市分類舞踊歌
伝承地宇部市厚東
楽器
歌詞あーひとつ出しましょ薮(やぶ)から笹(ささ)を
ヤレつけてくだされ短冊(ざく)を
つけてくだされ くだされつけて
ヤレつけてくだされ 短冊を

あー踊り踊るなら品(しな)よく踊れ
ヤレ品のよいのを嫁にとる
品のよいのをよいのを品の
ヤレ品のよいのを嫁にとる

あー今年ゃ豊年年穂に穂が咲いた
ヤレ道の小華に米がなる
道の小草に小草に道の
ヤレ道の小草に米がなる

あー踊り踊るなら三十まで踊れ
ヤレ三十過ぎたら子が踊る
三十過ぎたら過ぎたら三十
ヤレ三十過ぎたら子が踊る

あー去年の盆まで踊り子に出たが
ヤレ今年ゃ松原で灯(ひ)をともす
今年ゃ松原松原今年ゃ
ヤレ今年ゃ松原に灯をともす

あー鮎(あゆ)は瀬に住む鳥ゃ木の枝に
ヤレ人は情の下に住む
人は情の情の人は
ヤレ人は情の下に住む

あー白と黒とは碁盤の上よ
ヤレせきをあらそう浜千鳥
せきをあらそうあらそうせきを
ヤレせきをあらそう浜千鳥

あー満珠干珠は長府の沖よ
ヤレ少し下(くだ)れば下関
少し下れば下れば少し
ヤレ少し下れば下関

あー広瀬武夫は旅順の沖で
ヤレ名誉の戦死をとげられた
名誉の戦死を戦死を名誉
ヤレ名誉の戦死をとげられた

あーあわれなるかや石童丸は
ヤレ父をたずねて高野山
父をたずねてたずねて父を
ヤレ父をたずねて高野山

あー坊(ぼん)さ山路破れし衣
ヤレ行きつ戻(もど)りつ気にかかる
行きつ戻りつ戻りつ行きつ
ヤレ行きつ戻りつ気にかかる

あー今宵(こよい)お月様むら雲がかり
ヤレわたしゃ二人の親がかり
わたしゃ二人の二人のわたしゃ
ヤレわたしゃ二人の親がかり

あー盆の踊り子と朝顔の花は
ヤレ昼はしおれて夜は咲く
昼はしおれてしおれて昼は
ヤレ昼はしおれて夜は咲く

あー踊り踊るならお寺の門(かど)で
ヤレ踊る片手にゃ後生願う
踊る片手にゃ片手にゃ踊る
ヤレ踊る片手にゃ後生願う

あーお前百までわしゃ九十九まで
ヤレ共に白髪(しらが)の生えるまで
伝承者大正03年(1914年) / 女
音声
QR
三ッ拍子(盆踊歌)(QRコード)

ページトップへ