1. ホーム>
  2.  民謡ライブラリー(分類から選ぶ)>
  3.  検索結果一覧>
  4.  民謡概要

民謡概要コンテンツ

民謡名称ゆもとなんじょうおどり
湯本南条踊
収録時間

市町村長門市旧市町村長門市分類祈願の歌
伝承地長門市深川湯本
楽器締太鼓・すり鉦・ささら
歌詞年々(としとし)参る千代久しきのお庭かな トーエイ
ハア白金の白金の籠(かご)に小鳥を百人れて
白砂にかけてかけてなぐさむ
住吉の松に小鷹が巣をかけて
遊ぶところはあらみごとあらみごと
おんじゃり若い衆おいとま申す
明年参ろまた参ろ
明年参ろまた参ろ
六角殿から珍重坊へのお引出物には
なになにのまず一番にどっこ三こ
鈴錫杖(れいしゃくじょう) 花瓶 香炉 燭台 天日 見台 硯 檀 紙薄様(うすよう)
椙原なんどを引合せ唐の掛絵が
三幅一対おひきやろおひきやろ
珍重坊から六角殿へのお引出物には
なになにのまず一番に里糟(かす)毛糟毛
河原毛雲雀(ひばる)毛つく毛真黒
四つ白額色名馬そろえてお引やろ
淀川の淀川の底の深きに
鯉鮒(ふな)を袖もぬらさずとるはふしぎよ
おんじゃり若い衆おいとま申す
明年参ろまた参ろ
空立つ鳥もおとさばおとせ今おとせ
宮島の宮島の深山(みせん)の時雨(しぐれ)はよい時雨
ぬれては鹿がひとりなぐさむ
山伏の山伏の腰にさげたる
法螺(ほら)の貝一吹ふけば国が治まる
おんじゃり若い衆おいとま申す
明年参ろまた参ろ
伝承者昭和21年(1946年) / 男
音声
QR
湯本南条踊(QRコード)

ページトップへ