1. ホーム>
  2.  学習サポート>
  3.  文化財年表>
  4.  文化財の概要>
  5.  文化財要録

文化財要録コンテンツ

名称関連文化財名称色々威腹巻
要録名称色々威腹巻 兜、大袖、喉輪付
指定関連指定区分・種類重要文化財(工芸品)
指定年月日昭和39年1月28日(文化財保護委員会告示 第4号)
所在地関連所在地防府市多々良1-15-1
所有者関連所有者財団法人 防府毛利報公会


文化財詳細
制作等の年代又は時代
室町時代

員数
一領

品質及び形状

総て盛上黒漆塗の本小札を緘んで塗固め、胴の立挙一段は紅、二段は白、衝胴一段は紅、以下草摺三段まで紫、裾二段は白の組絲をもって威し、耳絲は亀甲、畦目は啄木、菱縫は紅絲を施し、立挙前二段、後二段、衝胴四段、草摺七間五段下りに仕立て、金具廻、綿噛は青鮫皮包とし鍍金小桜鋲で留め、菖蒲韋の小縁をつけて色絲で伏組み、金具廻には鍍金覆輪を懸ける。金具廻の下端には境粧板をつけず小札板を花緘にして唐草透入八双座八重菊笠鍍二箇宛の八双金物を打つ。

緒所源氏打、鞐、茱更、責は鍍金魚子地唐草彫。

兜は鉄地黒漆塗廿八間鍍金総覆輪阿古陀形筋兜鉢で、正中に花先鎬垂三条、後中に同鎬垂二条を打ち、頂辺に菊唐草透彫円座、玉縁共五重の鍍金八幡座を飾る。響孔四箇、四天鋲付、眉庇に鍍金八重菊唐草透彫鍬形台を打ち、中央に三鈷柄を立て、鍍金鍬形及剣前立を附す。受張牡丹獅子文染韋。忍緒 三所付麻布。しころは三枚の笠しころで二枚を吹返す。仕立は綿噛と同様である。

大袖 一双、冠板に菖蒲の韋包の境粧板を伏せて小札板七段を下げる。

喉輪 一隻、鉄地黒漆塗の月輪に小札板の垂二段を牡丹獅子文染韋包の蝙蝠付で連ねる。威毛、緒所などに後補したところがある。



寸法又は法量

胴高 28.5㎝

胴廻 73.5㎝

草摺長 30.5㎝

草摺裾板幅 20.5㎝

兜鉢染 12.3㎝

左右径 21.5㎝

前後径 24.5㎝

頂辺孔径 1.8㎝

大袖高 42㎝

幅 34.8㎝

喉輪月輪高 1.5㎝

広さ 17.5㎝



参考情報関連
参考情報

昭和10年8月3日 重要美術品認定

昭和10年(文部省告示 第269号)




地図



画像
<色々威腹巻>関連画像001(オリジナル画像表示リンク)<色々威腹巻>関連画像002(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ