1. ホーム>
  2.  指定文化財の検索>
  3.  検索結果一覧>
  4.  文化財の概要>
  5.  文化財要録

文化財要録コンテンツ

名称関連文化財名称白須たたら製鉄遺跡
要録名称白須たたら製鉄遺跡
指定関連指定区分・種類史跡
指定年月日昭和57年3月23日(文部省告示第35号)
所在地関連所在地阿武郡阿武町大字惣郷字白須西平
所有者関連所有者

農林省(白須西平553番の1)

山口県(  〃   553番の3)




保存管理関連
管理者
阿武町

参考情報関連
参考情報

昭和54~56年度 発掘調査(白須西平553の3)

 古文書調査の結果、白須山では近世期前後5回、すなわち第2次享保9~11年(1724~26)、第3次明和2~6年(1765~69)、第4次文化13年(1816)~文政9年(1826年)、第5次安政3年(1856年)~慶応元年(1865)-ただし第1次の稼行期間は不明ーに移行したことが判明している。また、「先大津阿川村山砂鐵洗取之圖」1巻は第4次稼行期に製作されたものである。




地図



画像
<白須たたら製鉄遺跡>関連画像001(オリジナル画像表示リンク)<白須たたら製鉄遺跡>関連画像002(オリジナル画像表示リンク)<白須たたら製鉄遺跡>関連画像003(オリジナル画像表示リンク)<白須たたら製鉄遺跡>関連画像004(オリジナル画像表示リンク)
<白須たたら製鉄遺跡>関連画像005(オリジナル画像表示リンク)<白須たたら製鉄遺跡>関連画像006(オリジナル画像表示リンク)<白須たたら製鉄遺跡>関連画像007(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ