1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称きゅうのむらけじゅうたくしゅおく(やまぐちふるさとでんしょうそうごうせんたーまなびかん)
旧野村家住宅主屋(山口ふるさと伝承総合センターまなび館)
指定国指定
市町山口市区分登録有形文化財時代明治
一般向け
説明
 旧野村家住宅主屋は、造り酒屋の店舗兼住宅として明治19年(1886)に建てられた。2階建、切妻平入の町家である。
 屋根は段違いの切妻屋根、桟瓦葺(一部金属板葺き)、軒先まで漆喰仕上げとする。正面2階には虫籠窓を設け、両端に袖壁を出す。
 1階下屋庇には、出格子を設けている。そのほか、内部の重厚な小屋組みも特徴である。
 明治期の町家建築の典型的な外観を有する建物の一つである。
小学生向け
説明
 旧野村家住宅主屋は、1886年に建てられました。
 白い壁で、瓦の屋根の建物です。100年前の建物の様子を今も残しています。
画像<旧野村家住宅主屋(山口ふるさと伝承総合センターまなび館)>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ