1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称おのだせめんとやまてくらぶ
小野田セメント山手倶楽部
指定国指定
市町山陽小野田市区分登録有形文化財時代大正
一般向け
説明
 小野田セメント山手倶楽部は、大正3年(1914)に建てられた。4代社長笠井真三が大正2年(1913)に欧州から持ち帰った型枠により製造したコンクリート・ブロックを使用している。
 屋根は鉄板葺き、ブロック外面の仕上げは江戸切りである。
 当時最新の工業製品であったコンクリート・ブロックを使用しつつも、車寄と西面ベランダにはトスカナ式の柱を配するなど、古典的なデザインを取り入れた建築となっている。
 会社の製品見本を兼ねた記念的建築物であり、また、数少ない大正時代のブロック建築でもある。
小学生向け
説明
 小野田セメント山手倶楽部は、1914年に建てられました。
 当時の日本では、最新の素材だったコンクリート・ブロックを使用した建物です。
 数少ない大正時代のブロック建築の一つです。
画像<小野田セメント山手倶楽部>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ