1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称きゅうくさかいいんほんかん
旧日下医院本館
指定国指定
市町周南市区分登録有形文化財時代昭和
一般向け
説明
 旧日下医院本館は、昭和3年(1928)に建てられた木造2階建、寄棟造の洋風医院建築である。
 正面は中央北寄りに車寄を設け、窓を南に3ヶ所、北に2ヶ所開け、柱型を表す。外壁は表面の粗いモルタル仕上げとするが、各所に花こう岩や人造石を使用している。2階の軒に歯型の文様を、壁の各所に幾何学的装飾を施す。
 建築主の日下宗一氏は、医学を学んだ長崎県で洋風建築に影響を受け、自らの医院改築に当たって、洋風の意匠としたものと伝えられる。
小学生向け
説明
 旧日下医院本館は、1928年に建てられた病院です。
 木で造られた建物ですが、外側の目立つところには石がたくさん使われています。
 この建物を建てたお医者さんは、長崎県で勉強したときに外国風の建物を見ていて、自分の病院を建てるときに参考にしたといわれています。
画像<旧日下医院本館>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ