1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称ほうふてんまんぐうほんでん・へいでん・はいでん
防府天満宮本殿・幣殿・拝殿
指定国指定
市町防府市区分登録有形文化財時代昭和
一般向け
説明
 防府天満宮本殿・幣殿・拝殿は、昭和33年(1958)に建てられた木造平屋建、銅板葺の神社建築である。幣殿が本殿と拝殿をつなぐように建てられている。 
 設計を指導したのは、山口県出身の建築史家で、文化財建造物の調査・保存に尽力した村田治郎である。
 建築部材への装飾を極力抑えたことで、繊細で優美な意匠形態となっている。近代の社殿建築の良好な事例の一つ。
小学生向け
説明
 防府天満宮本殿・幣殿・拝殿は、山口県出身で、古い建物にとてもくわしかった村田治郎(むらたじろう)さんの指示を受けながら1958年に建てられました。
 建物の飾りを少なくしたことで、すっきりとした見た目になっています。
画像<防府天満宮本殿・幣殿・拝殿>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ