1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称みたじりえんでんきゅうえっちゅうやかまやえんとつ
三田尻塩田旧越中屋釜屋煙突
指定国指定
市町防府市区分登録有形文化財時代大正
一般向け
説明
 三田尻塩田旧越中屋釜屋煙突は、近世から近代にかけて塩の生産地であった三田尻浜の一角に立つ。正確な建築年は不明だが、明治末から大正初期と推定されている。
 石造で、基部の直径は2.4メートル、高さは13.2メートルで、北東に幅1.5メートル、長さ2.5メートルの煙道が附属する。
 塩田で作られたかん水(濃い塩水)を釜で焚き、塩を得るための施設の一部である。煙突の構築に使用されている花こう岩の切石は、鉄釜の普及とともに不要となった石釜の部材を再利用したものである。
 昭和30年代まで盛んだった製塩業の歴史を伝える施設である。
小学生向け
説明
 三田尻塩田旧越中屋釜屋煙突は、明治時代終わりから大正時代初めごろに建てられた煙突です。
 当時、防府市の三田尻で盛んだった塩づくりのための施設の一つです。煙突は、レンガのような平たい形に整えた石を使って建てられています。
画像<三田尻塩田旧越中屋釜屋煙突>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ