1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称いわくにちょうこかん
岩国徴古館
指定国指定
市町岩国市区分登録有形文化財時代昭和
一般向け
説明
 岩国徴古館は、旧岩国藩主吉川家が寄付した美術工芸品・歴史資料を保管展示するために建てられた。昭和17(1942)年に起工し、昭和20(1945)年に竣工した。
 煉瓦造(一部にコンクリートを使用)平屋建一部2階建、瓦葺で、外壁には鉱滓タイルを使用している。
 低く押さえた外観、正面の角柱の列柱、直線的なデザイン等が特徴である。
 設計は、旧制岩国中学出身で音響設計の先駆者とされ、公共建築の設計でも著名な佐藤武夫である。
小学生向け
説明
 岩国徴古館は、1945年に建てられました。
 低く、まっすぐ横に広がる独特の見た目をしています。
 建物を作ったのは、岩国市にゆかりのある有名な建築家の佐藤武雄さんです。
画像<岩国徴古館>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ