1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称きゅういわくにぜいむしょ
旧岩国税務署
指定国指定
市町岩国市区分登録有形文化財時代大正
一般向け
説明
 旧岩国税務署は、大正14年(1925)に建てられた木造2階建、瓦葺き、モルタル仕上げの洋風建築である。
 正面中央に玄関を置き、左右対称に前方に張り出した両翼部に切妻屋根を載せる。外壁には、幾何学的な文様を随所に配する。大正末から昭和前期に流行した洋風建築のデザインをよく示した事例である。
 設計は税務監督局技手田中俊郎とされている。
 県内に現存する戦前の税務署建築としては唯一の事例である。
小学生向け
説明
 旧岩国税務署は、1925年に建てられました。
 建物の真ん中に玄関があり、建物の端は玄関よりも前へ飛び出しています。これは、大正時代の終わりごろにはやった建物の見た目です。
画像<旧岩国税務署>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ