1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称きんうんかく
錦雲閣
指定国指定
市町岩国市区分登録有形文化財時代明治
一般向け
説明
 錦雲閣は、旧岩国藩主吉川家の歴代を祀る吉香神社の絵馬堂として、明治18年(1885)に建てられた。
 桁行6間梁行4間、身舎5間×3間の入母屋造、桟瓦葺、楼閣風の建築である。1階は土間敷で、正面入口を除くと腰を板壁とし、内側に腰掛縁を設ける。2階は板敷で高欄付切目縁を廻らせている。
 県内に現存する近代以前の大規模な絵馬堂建築として、数少ない事例の一つである。
小学生向け
説明
 錦雲閣は、1885年に建てられました。神社に納められた「絵馬」を飾るための建物です。
 石垣の上に建てられた2階建ての大きな建物です。
画像<錦雲閣>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ