1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称ごこくじほんどう
護國寺本堂
指定国指定
市町下関市区分登録有形文化財時代昭和
一般向け
説明
 護國寺本堂は、昭和10年(1935)に建てられた寺院建築である。
 石積基壇の上に、木造平屋で、入母屋造、妻入で、銅板葺きの建物を載せる。正面玄関に設けられたから破風庇が特徴である。
 古典的な寺院建築の様式を踏まえつつも、建具などに昭和初期の特徴的なデザインを取り込んでいる。
 護國寺本堂に隣接する下関市唐戸地区は、第2次世界大戦の戦災で建物の大半を失ったが、本寺は一部が損壊したものの、現在まで残存した。戦前の唐戸地区の景観を物語るものとしても貴重である。
小学生向け
説明
 護國寺本堂は、1935年に建てられたお寺です。
 伝統的な建てかたを守りながらも、ところどころに建てられたころの要素を取り入れた建物です。
 お寺の建て方の変化を知るうえで、重要な建物です。
画像<護國寺本堂>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ