1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称きゅうきっかわていうまやもん
旧吉川邸厩門
指定国指定
市町岩国市区分登録有形文化財時代明治
一般向け
説明
 旧吉川邸厩門は、明治25年(1892)に建てられた木造平屋建、瓦葺の長屋門である。「厩門」と呼ばれているが、由来は明らかではない。
 西を正面とし、石積基壇上に建つ。門口は南寄りに開口している。外壁は漆喰仕上げとし、連子窓を設ける。屋根は寄棟造、桟瓦葺である。小屋組はキングポストトラスと和小屋を折衷した変形トラスを用いる。
 和・洋の技術を折衷させるのは、この時期の建物の特徴である。また、建築後大きな改変を受けておらず、近代の大邸宅の様子を今に伝える建物でもある。
小学生向け
説明
 旧吉川邸厩門は、1892年に建てられました。
 日本の伝統的な建てかたを守りながらも、新しい考え方も取り入れた建物です。
 建てられた後、見た目が変わるような大きな修理は行われていません。
画像<旧吉川邸厩門>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ