1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称しゅんぷうろう
春風楼
指定国指定
市町防府市区分登録有形文化財時代明治
一般向け
説明
 春風楼は、防府天満宮境内の西南隅に北面して建っている。明治6年(1873)に完成した建物である。文政2年(1819)に始まった五重塔再建構想を引き継ぎ、塔の一層部分の組物をそのまま床下に使用している。
 二階建、入母屋造桟瓦葺で、四周に縁を廻らし正面に石階を付す。楼閣風の独特な形式の建物である。
 本殿・幣殿・拝殿とならび、防府天満宮の境内の主要な建物の一つである。また、現存する主要な建物の中では最も古い。
小学生向け
説明
 春風楼は、1873年に建てられました。もともと、五重塔を建てようとしていましたが、うまくいかず、その代わりに建てられました。塔を建てようとした時の木材は、床の下に使用されています。
 二階建で、大きな屋根が特徴の建物です。
画像<春風楼>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ