1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称ごこくじのうこつどう
護國寺納骨堂
指定国指定
市町下関市区分登録有形文化財時代大正
一般向け
説明
 護國寺納骨堂は、境内の南寄りに位置する。大正10年(1921)造立の鉄筋コンクリート造平屋建の納骨堂である。
 屋根は陸屋根で、屋根の上には、造立年等を陽鋳した銅製の塔を乗せる。塔を含めた高さは約5.6m、幅は約2.8mである。壁はモルタル洗い出し仕上げで、背面を除く三方に化粧目地を施す。
 昭和6年(1931)ごろに納骨堂部分の改変を行っているが、鉄製の扉は当初のままとされる。
 大正期の鉄筋コンクリート造の納骨堂建築としては、数少ない事例だと推定される。
小学生向け
説明
 護國寺納骨堂は、1921年に建てられました。死んだ人の骨を収めて安置しておく建物です。
 コンクリートと鉄を組み合わせた、鉄筋コンクリートが建物に使われ始めたころに造られました。
画像<護國寺納骨堂>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ