1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称しみずけじゅうたくしゅおく
清水家住宅主屋
指定国指定
市町防府市区分登録有形文化財時代明治
一般向け
説明
 清水家住宅主屋は、明治11年(1878)に建てられた。旧山陽道富海宿内に所在し、旧山陽道に対し北面して建っている。
 木造平屋建(つし二階建)、桟瓦葺の町家建築で、かつて醸造業や金融業を営んだ清水家の主屋である。
 正面に下屋を設け、下屋の窓には細かい出格子を備え、漆喰塗込めの二階軒は技巧を凝らした繰形付の持送で支える。
 建築当初の外観を比較的よく残しており、宿場町の景観を伝える上で重要な町家である。
小学生向け
説明
 清水家住宅主屋は、1878年に建てられました。
 黒っぽい色の屋根に白い壁の町家(昔の商人が住んだ家)です。
 建てられた時の見た目が今もほぼそのまま残っていて、むかしの様子を伝えてくれています。
画像<清水家住宅主屋>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ