1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称ながやまほんけしゅぞうじょうじむしょ(きゅうふたまたせそんやくばちょうしゃ)
永山本家酒造場事務所(旧二俣瀬村役場庁舎)
指定国指定
市町宇部市区分登録有形文化財時代昭和
一般向け
説明
 永山本家酒造場事務所は、昭和3年(1928)に建てられた木造2階建、切妻造桟瓦葺の庁舎建築である。厚東川左岸の旧道沿いに建っている。
 外壁はモルタル塗に横目地を切って石造風とし、左右対称の建物の正面中央1階に玄関、2階に2連の縦長窓を配し、窓の上にはペディメントを設ける。玄関両脇と建物四隅には、人造石洗い出しの柱形を付す。
 昭和初期の庁舎建築の事例として、県内では数少ない事例である。
小学生向け
説明
 永山本家酒造場事務所は、もともと、二俣瀬村役場(今は合併して宇部市になっています)として、1928年に建てられました。
 石を積み上げたように見えますが、木で建てた建物の外側にモルタル(コンクリートに近い素材)を塗って仕上げています。
画像<永山本家酒造場事務所(旧二俣瀬村役場庁舎)>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ