1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称じぇいあーるにしいわくにえきえきしゃ
JR西岩国駅駅舎
指定国指定
市町岩国市区分登録有形文化財時代昭和
一般向け
説明
 JR西岩国駅駅舎は、昭和4年(1929)にJR岩国駅からJR徳山駅を結ぶ岩徳線が開業する際に岩国駅として建設された。
 木造平屋建、寄棟造、桟瓦葺で、玄関上部に切妻壁を飾る。外壁はモルタル塗とし、半円アーチ意匠の上下窓を整然と配する。入口車寄は錦帯橋をイメージさせる5連アーチと高欄意匠のパラペットで飾る。
 建築当初からの改造が少なく、昭和初期の駅の状態をよく残している。
小学生向け
説明
 JR西岩国駅駅舎は、1929年に建てられた駅です。
 建てられた時は、「岩国駅」と呼ばれていました(今の岩国駅は「麻里布駅」と呼ばれていました)。
 建てられてから90年になりますが、建てられた時の様子がよく残っています。
画像<JR西岩国駅駅舎>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ