1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称きゅううのちよけじゅうたくしゅおく
旧宇野千代家住宅主屋
指定国指定
市町岩国市区分登録有形文化財時代明治
一般向け
説明
 旧宇野千代家住宅主屋は、明治時代初期(1868-1911)に建てられたと伝わる町家である。旧山陽道脇道に西面して建っている。
 木造つし2階建、桟瓦葺で、入母屋造の建物に切妻造の台所および和室が付属している。
 出格子や出桁など、岩国藩の町家に共通した意匠を有する。
 小説家の宇野千代(1897-1996)の生家である。
小学生向け
説明
 旧宇野千代家住宅主屋は、1868-1911年ごろに建てられました。
 他の岩国の町家(昔の商人などが住んだ家)の一つです。
 有名な作家の宇野千代さんが生まれた家でもあります。
画像<旧宇野千代家住宅主屋>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ