1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称といしはちまんぐうはいでん
遠石八幡宮拝殿
指定国指定
市町周南市区分登録有形文化財時代昭和
一般向け
説明
 遠石八幡宮拝殿は、昭和15年(1940)に建てられた木造平屋建、銅板葺の神社拝殿である。
 入母屋造、三間三戸の楼門の左右に切妻造、桁行三間梁間二間の翼廊が取りつく。向拝は、片流れである。
 山口県内によく見られる社殿形式である楼拝殿形式(本来は通路空間である楼門に板床を張り、拝殿と同じように使う形式)を踏襲している。
 大正期から戦後にかけて全国各地の神社建築の指導・監督を務め、当時、神社建築の第一人者であった角南隆が工事設計の顧問を務めている。
小学生向け
説明
 遠石八幡宮拝殿は、1940年に建てられました。
 山口県内の神社によくみられる建てかたを守っています。
 神社を建てる技術者として、とても有名だった角南隆(すなみたかし)という人が関わっています。
画像<遠石八幡宮拝殿>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ