1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称といしはちまんぐうすきべい
遠石八幡宮透塀
指定国指定
市町周南市区分登録有形文化財時代昭和
一般向け
説明
 遠石八幡宮透塀は、昭和15年(1940)に建てられた。拝殿両端から本殿背後を囲み、祭器庫と神饌所に取り付く。
 総延長58m、木造切妻造で、屋根は銅板葺き。拝殿翼部寄りに引違戸、本殿背面に両開戸の戸口を設ける。断面横長六角形の連子子を並べて連子窓とし、腰は竪板張とする。
 登録文化財となっている本殿、拝殿等と同時期に造られ、境内の歴史的な景観を形成する重要な要素となっている。
小学生向け
説明
 遠石八幡宮透塀は、1940年に建てられました。神社の主な建物の周りに立てられた塀です。
 遠石八幡宮の他の建物と同じ時期に作られた塀で、神社の雰囲気によく溶け込んでいます。
画像<遠石八幡宮透塀>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ