1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称といしはちまんぐうしんもんおよびそでべい
遠石八幡宮神門及び袖塀
指定国指定
市町周南市区分登録有形文化財時代昭和
一般向け
説明
 遠石八幡宮神門及び袖塀は、遠石八幡宮敷地の中央、拝殿の正面に建つ四脚門と袖塀である。昭和15年(1940)に建てられた。
 神門は銅板葺(元は檜皮葺)の四脚門である。袖塀は、門の左右に位置する。銅板葺(元は檜皮葺)で、総延長は12m(約6間)。中央を脇門とし、脇間に連子窓をたてている。
 格調高く、厳格な雰囲気を醸す良質な表門。
小学生向け
説明
 遠石八幡宮神門及び袖塀は、遠石八幡宮の門です。1940年に建てられました。
 遠石八幡宮の中心、拝殿の正面に建っていて、門の左右には塀(袖塀)が6mほど伸びています。
画像<遠石八幡宮神門及び袖塀>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ