1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称たまつばきりょかん
玉椿旅館
指定国指定
市町下関市区分登録有形文化財時代大正
一般向け
説明
 玉椿旅館は、大正10年(1921)頃に建てられた木造2階建、瓦葺の温泉旅館である。
 敷地東側に40畳2室の大広間を備えた二階建の建物を配し、その北西に厨房と客室、西に浴室、別棟座敷等が接続する。関取・玉椿の家族によって開業され、大相撲で横綱が出る度に増築を重ねたという。複雑な建物形状は、こうした経歴を反映している。
 川棚温泉の中心部に立地し、温泉街の代表的な歴史的建造物である。
小学生向け
説明
 玉椿旅館は、1921年頃に建てられました。
 お相撲さんの家族が始めた旅館で、新しく横綱(お相撲さんの中で一番強く、位の高い人)が出てくるたびに、その記念に部屋を増やしていったと言われています。
画像<玉椿旅館>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ