1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称にっしんこうわきねんかん
日清講和記念館
指定国指定
市町下関市区分登録有形文化財時代昭和
一般向け
説明
 日清講和記念館は、昭和12年(1937)に下関条約(明治28年(1895)調印)がこの地で結ばれたことを後世に伝えるため建設された。
 鉄筋コンクリート造で、高低差のある敷地を利用して建物東寄りに地階を設ける。屋根は、入母屋造妻入本瓦葺とし、玄関に庇を付ける。
 屋根を瓦葺きとし、組物や懸魚などの伝統的な意匠を鉄筋コンクリートで表現するいっぽうで、腰石貼や上方に大きく穿った窓の鉄格子など、洋風の要素も取り入れられている。
 和洋折衷の建築様式である「帝冠様式」の建物で、建築当初の状態をよく保っている。
小学生向け
説明
 日清講和記念館は、1937年に建てられました。
 日本の伝統的な建物の見た目と外国の建物の見た目の両方を取り入れています。
 建てられたときのままで、あまり改造されていません。
画像<日清講和記念館>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ